お悩み別

インプラントに不安がある

インプラントに不安があるインプラント治療には、入れ歯やブリッジにはないメリットがあります。
もう歯が長く持たないと言われてしまった、以前から歯が無くて困っていたという方の中には、インプラント治療を検討されているという方も少なくないのではないでしょうか。
インプラント治療にメリットがあることはわかるけど、治療を行うのは怖い、不安があるという方は、無料カウンセリングでお気軽にご相談ください。

インプラント治療を行うための最適な環境を万全に整え、質の高い治療をご提供しています。

インプラント手術が不安

万全な設備インプラント手術前や手術中は血圧や脈拍、酸素飽和度などを生体情報モニターで測定しています。患者様の状態をしっかり確認しながら行いますので、血圧が高くて心配という方も安心して手術を受けることができます。

適切な対応でインプラント手術後も患者様をサポートいたします。

手術後のアフターフォローメンテナンス

手術後のアフターフォローメンテナンスインプラント手術後の痛みが心配という方も沢山いらっしゃいます。腫れた痛みが大きく出ることはないものの、外科手術であるインプラント手術では腫れが出ることがあります。骨を割り大きく骨造成をする場合や炎症の強い場合などですが、ほとんどの場合はきちんと抗生剤や消炎鎮痛剤を服用することで腫れは早い段階で治まります。

インプラントは長持ちするのかな

インプラント治療は一生持つの?

インプラントは長持ちするのかなこれは、よく患者様からいただく質問です。
チタンやチタン合金素材のインプラントは腐食もせず、虫歯にもなりませんし、被せるセラミックも同じく腐食しません。
しかしながら、インプラント自体は丈夫でも、歯周病になるとインプラントの周りの骨を溶かしてしまうため、天然の歯と同じようにぐらついたり、抜け落ちてしまうことがあります。
インプラント治療では一般的に、10年の生存率は90%であるとされています。
部分入れ歯を含む入れ歯の寿命は平均5年、ブリッチの寿命は8〜9年と言われているため、入れ歯やブリッジと比較しても良好であるということがわかります。
しかし、寿命は条件によっても左右されるため、あまり持たない場合もあれば一生使い続けることができる場合もあります。
それでは、一体どのような条件がインプラントの寿命に影響しているのでしょうか?

ポイント1

しっかりと予防メンテナンスを行っているかどうか

ポイント2

歯科医師によるインプラント埋入が精度の高いものだったか

ポイント3

正しい噛み合わせで噛んでいるか

ポイント4

一流インプラントメーカーのインプラントを使用しているか

ポイント5

マウスピースを着用し食いしばりや歯ぎしりから守っているか

ポイント6

全身の健康管理ができているか

全身の健康管理ができているか上記のようなポイントに気を付けていただければ、インプラントの寿命(生存率)を延ばして末永く使い続けていただけるでしょう。
しかし、実際にどのくらいの寿命なのかということが気になる方もいらっしゃるはずです。
人工歯が破損してしまった、インプラントが破折してしまった、インプラント周囲炎によってインプラント周囲の骨が溶けてしまったというトラブルも全く無いという訳ではありません。
最近ではしっかり定期的に予防メンテナンスに通っていただくことを条件として、インプラントの10年保証期間を設けている歯科医院も増加してきていますので、万が一のことを考えて、このような保証のある歯科医院選びをするのをお勧めします。

ほとんどの歯を失ってしまった

インプラントオーバーデンチャーとは

外科手術で顎の骨に2〜6本のインプラントを埋入し、そこに入れ歯を固定する治療法

一般的なインプラント治療

ご自身での取り外しは不可

外科手術によって顎の骨にインプラント体を埋め込みます。そしてその上にネジで支台となるアバットメントを固定し、そこにネジや接着剤で人工歯を装着するため、取り外しは歯科医院でしか行うことができません。

インプラントオーバーデンチャー

ご自身での取り外しが可能

インプラントオーバーデンチャーアバットメントをインプラント体に装着し、その先端を入れ歯の底部分に差し込む構造になっており、しっかりと入れ歯を固定することができます。また、患者様ご自身で簡単に取り外しが可能なため、インプラント体や入れ歯のお手入れを行うことができます。
一般的なインプラント治療では、多くの歯を失ってしまった場合は大量のインプラントが必要となるため、治療にかかる費用は非常に高額になってしまいます。
しかし、インプラント2〜6本と少ない数で入れ歯全体を固定することができるインプラントオーバーデンチャーであれば、費用ははるかに安価になります。
また、歯茎の骨が弱くなってしまっている部分にはインプラント埋入ができませんが、インプラントオーバーデンチャーであれば埋入箇所を工夫することで歯を固定することができる場合もあります。

痛みや腫れがでないのかな?

痛みや腫れがでないのかな?熟練の歯科医師が周囲までしっかりと麻酔を行いますので、手術前の麻酔もほぼ痛みはなく、手術中に痛みが生じるということもまずありません。もしも手術が長時間に及んだ場合でも、麻酔を追加して痛みが出ないようにいたしますのでご安心ください。
※当院でインプラントオペを行った患者様のほとんどが処方した痛み止めを飲まなくても大丈夫だったと答えています。

手術には麻酔科専門医が立ち会い全身を管理

手術には麻酔科専門医が立ち会い全身を管理当院では、基本的に麻酔科専門医立ち会いのもとインプラント手術を行っています。従来であれば歯科医院では実現が難しく、大学病院などでなければ行えませんでしたが、当院では麻酔科専門医による全身管理のもとでインプラント治療を行うことができるため、より安心して治療を受けていただけます。
治療中の患者様の健康状態は血圧計や心電図など生体モニターを使ってしっかりとチェックしているため、体調変化があった場合にもすぐに対応することができます。

インプラント周囲炎が怖い

インプラント周囲炎が怖いインプラントや天然の歯を歯周病から守りましょう
歯周病菌は、ただ歯周ポケットに歯周炎を起こすだけでなく、痛みなどの目立った症状なしに骨を溶かしてしまうという恐ろしいものです。歯槽骨という歯の土台が溶けてしまうと、天然の歯と同じように人工物であるインプラントも影響を受けます。
インプラントや今残っている健康な歯を含め、お口の中全体を綺麗にし、清潔な状態を保つことで歯周病を予防することは、患者様の健康寿命を延ばすことでもあるのです。
インプラント治療は保険適用外のため自費治療となり、治療費の負担は軽いとは言えないものです。歯周組織の健康をメンテナンスによって維持することは、老後も含めた今後の人生でかかる医療費を抑えることにもつながるため、大切にした以上の大きな価値があります。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

※個人差がございます。

インプラント

歯を失ったところに、歯の根っこの代わりをするインプラントを埋入します。そのインプラントを土台として被せ物をつ けることで、見た目には自然の歯と変わらないように治療することができ、しっかり噛むことができます。費用、期間がかかりますが失った歯の 機能・見た目を回復させる唯一の治療方法です。第2の永久歯と呼ばれています。

メリット デメリット
  • ・骨から固定されているので違和感はありません。
  • ・元の歯と変わらないように噛むことができます。
  • ・元の歯と変わらない見た目にすることができます。
  • ・インプラント埋入後、骨とくっつくまで数ヶ月時間がかかります。
  • ・保険が適用外になり、保険治療と比較すると高価です。
  • ・インプラントは虫歯にはなりませんが、歯周病にはなります。天然の歯と同様にケアが必要です。
  • ・外科手術を伴うため、一部の持病をお持ち方は受けられない場合がございます。

入れ歯

金具を健康な歯に引っ掛けて固定します。取り外しが可能です。安定しない場合があります。

メリット デメリット
  • ・ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効です。
  • ・健全な歯を削らずに補うことができます。(削る代わりにバネで固定する場合もあります。)
  • ・取り外しができるので手入れが簡単です。
  • ・保険が適応されます。(保険外の場合もあります。)
  • ・バネによる隣の歯への負担が大きくなります。
  • ・咬む力が健康な状態に比べて30%~40%くらいになります。
  • ・取り外して手入れをする必要があります。
  • ・口の中で動きやすく、痛みが伴うことがあります。
  • ・食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすいです。
  • ・発音しにくい場合があります。
  • ・違和感があります。
  • ・取り外して手入れをする必要があります。

ブリッジ

健康な歯を支柱にして、歯のない部分にブリッジをかけて固定します。 部分入れ歯に比べれば安定していて、咬む力も回復します。

メリット デメリット
  • ・固定式なので違和感は少ないです。
  • ・保険が適用されます。
    (保険外で人工の歯の素材を選択することにより、天然の歯に近い審美的な修復も可能です。)
  • ・ブリッジを固定する為に両隣の歯を削る必要があります。
  • ・支えとなる歯には大きく負担がかかります。
  • ・歯肉との間に食べ物カスがつまりやすく、口の中が不衛生になりやすいです。
  • ・空気がもれて発音しにくい場合があります。
  • ・削った歯に痛みが出れば、神経を取る処置をする場合もあります。
  • ・保険のかぶせ物は素材にプラスチックが使われているので、使っている間 に変色して擦り減ってきてしまいます。
一番上に戻る
TEL.04-7159-1818TEL.04-7159-181824時間WEB予約24時間WEB予約

にじいろ歯科クリニック

住所
〒270-0164千葉県流山市大字流山2575番地 (木B101街区7)
最寄り駅
武蔵野線「南流山駅」
診療時間
9:30-13:00
受付は12:30まで
/
14:30-19:00
受付は18:30まで
/

土曜日 午前9:30~13:00/14:30~17:00

ACCESSアクセス

グーグルマップはこちら

カーナビは「木1号公園」で検索

簡単ネット予約24時間受付中簡単ネット予約24時間受付中
ご予約・お問い合わせ TEL.04-7159-1818ご予約・お問い合わせ TEL.04-7159-1818