光機能化インプラント

光機能化インプラントのメリット

光機能化インプラントとは

光機能化インプラントとはインプラント体に特殊な光を照射し「より骨と結合しやすい」「より成功率の高い」治療を実現
インプラント治療を成功させるためには、顎の骨と埋め込んだインプラント体とが強固に結合することが重要です。しかし、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の研究チームによってインプラント体の材料であるチタンは時間が経過することで「骨との結合能力」が低下していくということがわかったのです。
つまり、チタンは工場で生産されてから、時間が経つにつれて表面の性能が落ちていってしまうのです。「チタンエイジング(チタンの老化)」とも呼ばれるこのような劣化は、生産から1ヶ月後にはおよそ半分にまで低下するというレポートも存在しています。
そして、これを防ぐために考え出されたのが「光機能化インプラント(光インプラント)」と呼ばれる画期的な技術です。
特定の波長の紫外線をインプラント体に照射することで、生産から時間が経過して表面の性能低下が起こったインプラント体の結合能力を回復させることができます。

光機能化インプラントのメリット

光機能化インプラントのメリット骨とインプラントの結合能力が改善されることには下記のようなメリットが考えられます。

治療期間の短縮

インプラント治療が長期間にわたるのは、骨とチタンとが結合するのを待たなければいけないためです。光機能化インプラントによって結合が促進されれば、手術から治癒までの期間が短縮されるため治療期間が短くなります。

しっかり噛むことができる

より強固な接着を実現できるため、従来のインプラント治療以上に強い力で噛むことが可能です。

良い状態を長期間維持できる(治療成功率の上昇)

10年生存率といって、治療から10年経った後にインプラントが残っている率はインプラント治療成功の指針の一つとされています。より密着して歯周組織が結合される光機能化インプラントの場合、生存率の飛躍的な向上が見込めます。

難症例の場合でもインプラント治療が可能に

従来のインプラント治療の場合、顎の骨が足りない方は骨造成手術などの外科処置を行う必要がありました。しかし、顎の骨の形成を助ける作用のある光機能化インプラントであれば外科処置を避けることができる場合もあるのです。また、結合が難しいとされていた難症例のケースでも治療できる可能性が高くなります。

光機能化インプラント

光機能化インプラントインプラント治療の成功率を飛躍的に高める光機能化インプラント
画期的な技術でインプラント治療を成功に導く
インプラントの成功率は、骨と結合する性質を持つインプラントがどれだけ骨としっかり結合するかに左右されます。
当院ではインプラント治療の成功率を高めるため、いち早く光機能化インプラント技術を導入しています。

光機能化インプラントとは

光機能化インプラントとはインプラントの材料であるチタン表面に特殊な光を照射することによってチタン表面をきれいにして、骨とインプラントとの結合度を高めるという技術を光機能化インプラントといいます。
インプラント手術を行う際に使用するインプラントはもちろん新品ですが、チタンは未開封であっても製造から時間が経過するにつれて徐々に骨との接着が低下してしまうのです。
かといって製造直後のインプラントを使おうとしても、輸送に数日かかってしまうため不可能です。
しかし、光機能化インプラントの技術を使えば、インプラントの表面を製造直後のような状態に戻すことができます。その結果、骨とインプラントの結合が大きく改善されるのです。

インプラントと骨の結合を劇的に向上させた光機能化インプラント

スーパーオッセオインテグレーション(骨とインプラントの強固な結合)

スーパーオッセオインテグレーション(骨とインプラントの強固な結合)2009年、アメリカUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の小川隆広先生の研究室から発表されたのが光機能化インプラントという技術です。
小川先生の研究でわかったのは、特定の波長の光をインプラントに照射することによって、骨とインプラントがおよそ98.2%まで接着するスーパーオッセオインテグレーションをするということです。
通常の場合、骨とインプラントの接着率は40%〜60%程度と言われているため、接着率が劇的に向上しているということがわかります。
また、光機能化インプラントでは骨とインプラントの接着スピードが4倍も早くなるということがわかり、治療期間を短くすることができるようになりました。インプラントにとって大きな技術革新と言える技術がこの、光機能化インプラントなのです。

「いつも新鮮なインプラント」を実現する光機能化インプラント

「いつも新鮮なインプラント」を実現する光機能化インプラント「インプラントは時間が経過しても性能・性質は変化しない」このことはこれまで世界中の歯科医師や医師たちの間で定説となっていました。
実際、インプラントに水を垂らしてみると水を弾く疎水性がありますが、このことは世界中で普通のことだと思われていたのです。
しかし、工場で製造された直後のインプラントは水との馴染みが非常に良いということがわかり、時間の経過によって親水性が失われていくということが研究により判明しました。
また、工場で製造した直後のインプラントの周囲には多くの骨ができるものの、通常使用されている時間が経過したインプラントの場合では、結合する骨の量が新鮮なインプラントと比較して半分ほどだったのです。
もちろん、従来のインプラントでも十分な結果を得ることができていましたが、より高性能のインプラントを使用すれば更にインプラント成功確率を大きく高めることができるということです。
ですが実際には、工場から出荷されるのは既に製造から数ヶ月経ってからとなるため、製造直後の新鮮なインプラントを使用することは不可能なのです。

一番上に戻る
TEL.04-7159-1818TEL.04-7159-181824時間WEB予約24時間WEB予約

にじいろ歯科クリニック

住所
〒270-0164千葉県流山市大字流山2575番地 (木B101街区7)
最寄り駅
武蔵野線「南流山駅」
診療時間
9:30-13:00
受付は12:30まで
/
14:30-19:00
受付は18:30まで
/

土曜日 午前9:30~13:00/14:30~17:00

ACCESSアクセス

グーグルマップはこちら

カーナビは「木1号公園」で検索

簡単ネット予約24時間受付中簡単ネット予約24時間受付中
ご予約・お問い合わせ TEL.04-7159-1818ご予約・お問い合わせ TEL.04-7159-1818