安心・安全の取り組み

 

CTで正確な診断

CT撮影・シミュレーション解析
精確な診断と安心のシミュレーション

CT撮影・シミュレーション解析手術前・手術中・手術後すぐに撮影可能な院内CTによって歯、顎の骨の状態などを詳しく確認し、CTシミュレーションソフトによって解析。これらが整うことで安心な精査・計画、そして安全なインプラント治療を行うことができるといえます。

インプラント治療にCTは必須です

精度の高い3DのCT撮影でより精確な診断を
従来のレントゲンの場合、一方向からの平面撮影しかできませんでしたが、歯科用CTの場合は神経の位置、歯の根の状態、骨の厚みなど多角的で豊富な情報を把握することができるため、より精度の高い診査・診断ができます。
また、顎の骨の量・状態・形状というインプラント治療には欠かせない情報を細部まで確認することができるため、治療の安全性がより高まります。
インプラント治療のみならず、親知らずの抜歯などの診断やシミュレーションにも欠かすことが出来ない大切な設備です。

院内CTの重要性

院内CTの重要性手術中や手術直後のお口の中の状態をその場で確かめることができる院内CTがあれば、万が一のリスクを回避することができます。
院内にCT設備がない場合、手術前と手術後のCT撮影を他の病院で行わなければなりません。手術中や手術直後の状態を確認することができないため、骨が少ないときに生じる可能性のリスク回避情報が遅れてしまい取り返しのつかないことになりかねません。
つまり、院内にCT設備のない歯科医院はリスクが高まるということです。また、骨の形や厚みは人それぞれ異なっています。骨が薄かったり厚かったり、くぼみがあったり、傾いていたり、比較的真っ直ぐな人もいます。CT撮影によってリアルタイムで精確な情報を得ることは安全な治療につながり、手術の成功率を高めます。

しかし、CT画像があるだけではまだ不十分です。

CTシミュレーションソフトの必要性

initiative_img0従来のレントゲンでは把握することが出来ない多角的で豊富な情報を得ることができるCT撮影ですが、そこから得られる情報は単に3方向から写し出される顎の骨の断面像のみのため、これだけではインプラント手術の予測のためには不十分です。
何故かというと、実際にインプラントが入った状態の標記が無いため、上顎にある空洞内にどこから触れるのか、骨の中の神経に触れる可能性があるのかどうか、インプラントが入った場合の正確なシミュレーションができないからです。

インプラント治療でのCT撮影では、インプラント画像診断を行った後でインプラント手術シミュレーションをしっかりと行っているかどうかが重要なのです。

豊富な情報をCTから得ることができるが…
医師の経験や勘だけに頼ってインプラントを埋入するの…?

そこで、当院ではサージカルガイドを導入。手術前シミュレーションとサージカルガイドを使ってインプラント治療を行っています。

サージカルガイドを使ったインプラント治療

埋入位置を立体的にシミュレーション
手術前の精密設計によってより高い精度の手術を

サージカルガイドを使ったインプラント治療コンピューターに取り込んだCT撮影画像データを元にして、神経や骨などの情報を立体的に把握し、シミュレーションを行うことができるシステムをサージカルガイドといいます。
正確な診断だけでなく、どれだけ徹底してこのシミュレーションを行うかということがより安全で精度の高いインプラント治療を行うための重要なポイントです。
当院では、経験豊富な歯科医師が治療を担当するだけでなく、CTやサージカルガイドという先進の設備を導入し、患者様により安心・安全な治療をご提供することができます。

サージカルガイドを使用した正確なインプラント埋入

サージカルガイドを使用した正確なインプラント埋入インプラント埋入時には、予め行ったシミュレーション通りの位置、深さ、角度をアシストするマウスピースのような形をしたサージカルガイドを使用します。
インプラント埋入の際の位置、深さ、角度のズレをほとんど無くすことができるため、神経や血管、骨を傷つけてしまうリスクを極力低減し、優れた審美性のインプラント治療を実現します。

3D画像の中でインプラントを実際に入れてみて、十分に下顎神経から離れているかどうか、安全な手術であるのかということを判断する。そしてその後で人工の歯を作り、しっかりと噛める歯ができるのかということを調べる。
インプラント治療ではこのように、コンピューター上でインプラント埋入を行い、バーチャルの歯を作るというシミュレーションが重要です。
流山市のにじいろ歯科クリニックでは、当院でインプラント治療を受けられる患者様にはCT撮影とシミュレーションソフト解析を行っております。

徹底した衛生管理による感染予防対策

徹底した衛生管理による感染予防対策当院では、インプラント手術は事前準備が治療の結果を左右すると考えています。患者様には見えない部分である滅菌作業ですが、当院では細菌を限りなくゼロにするため「超滅菌主義」のポリシーを掲げ、下記のように万全の準備を行っています。
「しっかりと時間をかけて事前準備を行い、最短で手術を行う!」このことは当院のこだわりでもあります。

院内感染予防のための取り組み

手術前の入念な手術室の清掃

インプラント手術を行う前には入念に手術室を清掃し、万全な状態に整えてからインプラント手術を行います。

使い捨て(ディスポーザブル)器材の使用

インプラント治療だけでなく通常の治療でもグローブを始めとした器材はできる限り使い捨てのものを使っています。

高い衛生管理意識を全スタッフで共有

手洗いや消毒など基本的なことからしっかりと徹底し、細かい部分にまで気を配った衛生管理をスタッフ全員で共有することによって院内環境を清潔な状態に保っています。

全ユニットに空気清浄装置を導入

0.01マイクロの微細な粒子も除去できます。

院内感染予防のための衛生設備

診療器具に付着したすべての細菌を死滅させる高圧蒸気滅菌器

複雑な形状をしているものが多い歯科医療の診療器具ですが、出血を伴うインプラント治療では細菌やウイルスが器具の内部にまで付着してしまい、洗浄だけでは内部まで全てきれいに除去することは出来ません。
そこで、器具の内部まで高圧・高温で徹底的に滅菌することができる高圧蒸気滅菌器を使用します。滅菌を行った後は無菌状態で専用のパックに入れ、治療の時まで清潔に保管します。このようにして院内感染を防いでいます。

消毒・殺菌・滅菌の違い
消毒
細菌の持つ感染力を衰えさせる
殺菌
特定の殺菌を殺すこと
滅菌
あらゆる殺菌をすべて死滅させること

徹底した滅菌を専用機器で行うハンドピース専用滅菌器

徹底した滅菌を専用機器で行うハンドピース専用滅菌器ハンドピースと呼ばれる歯を削る器具の自動洗浄・滅菌・注油を行う器具です。専用機器ならではの機能があるため、単なる汚れだけでなく目では見ることができない細菌などの塊を除去します。また、メンテナンス機能もあるため診療器具の状態を常に万全に、清潔に保てます。

高圧で診療器具を洗浄する高性能自動洗浄機

高性能自動洗浄機複雑な形をしており中まで手が届かない治療器具も、この機器を使うことによって目には見えない細部の汚れまで徹底的に洗浄し、消毒することができます。これが効果的な滅菌をサポートします。

より効果の高い滅菌を後押しする超音波洗浄機

診療器具に付着した汚れを大きな衝撃波によって剥がし取ることが出来る機器です。手洗いでは落とすことができない汚れまで除去することができるため、高圧蒸気滅菌器での滅菌をより効果的なものにします。

口腔内スキャナーを使ったインプラント

当院では、歯型取りをデジタル化する口腔内スキャナーである「トリオス3」を導入しています。
今まで歯科医院での歯型取りというと、柔らかい粘土のような材料を練って、お口の中で固めるという方法でした。光学印象であるトリオス3では、お口の中の写真を撮影して3Dデータとしてデジタル化します。
高速で簡単に撮影を行うためお口の中に入れている時間も短く、色調がリアルな精度の高い型取りを行うことができるため、より精確かつ予測可能なスキャニング結果を得られます。
インプラント用のガイド製作、3DプリンターやCAD/CAMで歯の補綴治療を行う際にもこのデータを応用することができます。
今までのような柔らかい材料を使った歯型取りが苦手な方はお気軽にご相談ください。

3DスキャナーとCTのデータを統合できる環境だから実現できる
「どのような環境であればフラップレスで可能なのか?」
3DスキャナーとCTスキャン。この2つの設備が無ければフラップレスの実現は困難です。

3Dスキャナー「トリオス3」がこちらです
口腔内スキャナーを使ったインプラント

なぜ3DスキャナーとCTスキャンの2つが必要不可欠なのでしょうか。
3Dスキャナーでは「目で見える部分」を見ることができます。3Dで歯や歯茎の表面をスキャニングしていきます。
一方、CTスキャンで見ることができるのは「目で見えない部分」です。歯を支える骨を立体的に診ることが可能です。
この2つで、目に見える部分も見えない部分もすべて見ることで、フラップレスが実現するのです。

そして、2つの機械によって見えたものを研鑽を積んだ歯科医師がしっかりとチェックします。その際のポイントが下記となります。

チェックポイント1

「骨がしっかりあるかどうか」

歯が抜けたまま放置してしまった歯茎や、歯周病が進行した歯茎の場合、歯を支える骨が吸収され痩せてしまっています。
フラップレス手術を行うためには十分な骨が必要です。

チェックポイント2

「歯科医師が綿密な計画を立案できるか」

精確なインプラント治療を行うためには、位置・深さ・角度の全てにおいて綿密な計画を立てる必要があります。そのためには骨の情報の他にも血管や神経、歯や歯茎などトータルな診査を行う必要があります。

このような条件が揃って初めて、精確なインプラント治療が可能となります。
また、それ以上に、これらの条件を総合的に判断することができる歯科医師の高い技術と豊富な経験が求められます。
フラップレスは機械、患者様の骨の状態、そして歯科医師の能力という3つが揃うことで初めて実現できます。

一番上に戻る
TEL.04-7159-1818TEL.04-7159-181824時間WEB予約24時間WEB予約

にじいろ歯科クリニック

住所
〒270-0164千葉県流山市大字流山2575番地 (木B101街区7)
最寄り駅
武蔵野線「南流山駅」
診療時間
9:30-13:00
受付は12:30まで
/
14:30-19:00
受付は18:30まで
/

土曜日 午前9:30~13:00/14:30~17:00

ACCESSアクセス

グーグルマップはこちら

カーナビは「木1号公園」で検索

簡単ネット予約24時間受付中簡単ネット予約24時間受付中
ご予約・お問い合わせ TEL.04-7159-1818ご予約・お問い合わせ TEL.04-7159-1818